ホットフラッシュとは?期間はどれくらい?皆の口コミ

【このページ記事】

ホットフラッシュを経験された5人の口コミ

ホルモン治療は不正出血の副作用

治療に更年期サプリを選ぶ人が多い

悪い影響を及ぼすのはタバコ


  • 私はサプリを飲んでもホットフラッシュに1時間に1回なっていたので症状が酷くて本当に死にそうでした。どうにか更年期障害の期間が終わって救われました。
  • 夜中に寝ていても2時間に1回ホットフラッシュが出てしまい、暑くて目が覚めてしまう。パジャマや下着が汗でびっしょりで毎回交換しています。
  • 1日に10回以上の発汗があります。生理は5ヶ月前からなくホルモン治療をしたら改善しました。しかし不正出血がありHRTが出来なくなり他の治療の方法を模索中です。
  • ホットフラッシュ3年の期間が経ちますが、未だに滝のような汗が1時間止まらなくなります。汗が出る前の頭から全身に広がる苦しさが苦痛です。
  • 10年間続きました。頻度が多かったピークは始まって5年のころで毎日でした。

ホットフラッシュは一般的に発症する年齢は、閉経前後の1~10年で平均では2年の期間と言われています。 頻度としては上記のランキングの口コミのように更年期障害が酷い女性は1時間に1回、軽度なら週に2~3回の割合です。 ホットフラッシュの深刻な症状が続く時間は平均で5分で長いと30分とも言われています。 ならない女性から重度まで様々なので一概に更年期障害は一括りで言えないのが難しいのが特徴です。

ホットフラッシュにホルモン投与の治療が合わない女性の口コミが多い

ホットフラッシュで更年期サプリを試した人の口コミで多かったのが、ホルモン注射をしたら治療できたが副作用が激しかったというものです。 不正出血や乳癌リスクといったものがあり、一長一短があるようです。 女性ホルモンの投与量を加減すれば大丈夫という口コミもありますが個人差があるようです。 産婦人科でも長い期間でホットフラッシュ向けにサプリでなくHRTをするのは危険なので、諦めて数年で辞める方が安全と言われることもあるようです。

ホットラッシュの治療は更年期サプリか薬か漢方薬?

病院に更年期障害で婦人科を受診して認定されると、一番効果がある治療の方法として紹介されるのはホルモン療法で女性ホルモンを経口か注射で取り入れるものです。 女性ホルモンの低下を改善する直接補うホットフラッシュの治療なのでサプリメントより効果は期待できるのですが、副作用がきつく合わない人が多く途中で辞めてしまいます。 次に勧められるのは、漢方薬なのですが、「桂枝茯苓丸料」「加味逍遙散料」などが「のぼせ」の熱くなる症状には効くようになっています。 漢方薬は更年期障害のホルモン低下を根本的に治すものではなく、ホットフラッシュの症状だけを軽減させる働きなので、作用が弱いと感じる人も多く合わない場合もあります。

 命の母A【下痢や頭痛の副作用の口コミ】


ウォーキングをすることで更年期障害のホットフラシュを薬やサプリよりも治療の効果があるという記事がイギリスの大学の研究で分かったようです。 運動をすることで血圧と脳内に流れ込む血流を低下させる効果がありホットフラッシュを軽減させれるとのことです。
参照元:ウォーキングに更年期障害を緩和する効果 女性のホットフラッシュを改善


ホットラッシュの原因は自律神経失調症と同じで、血流をコントロールできなくなり血圧が高くなったり、頭に血が流れ込んだりする症状です。 更年期障害の薬ではなく自律神経失調症の薬を飲むことでホットフラッシュが治療できたという口コミも数多くあります。 自律神経失調症も必ず治療できる薬というものはなく、うつ病の薬に近い抗不安薬などが処方されやすいです。


ブラックコホシュというハーブの一種が更年期サプリとしてランキングを見ても効果があると言われてきましたが、厚生労働省のホームページでブラックコホシュは効果がないと断定されていました。 キンポウゲ科の植物でインディアン時代の医療用の薬草として使われていて、進んでいるアメリカでブラックコホシュの成分が人気があったのですが、更年期サプリとホットフラッシュには関係ないと結論付けれました。 ホットフラッシュによる寝汗を緩和させることができないだけでなく、肝機能障害や様々な副作用の恐れがあるので注意ということです。


更年期サプリを飲むことでイライラやホットフラッシュが治ったという素晴らしい口コミもありました。 その女性は症状が酷くダメもとで市販のサプリを飲んだら改善したとのことです。 しかし、ホットフラッシュがサプリのお陰で無くなったと同時に下半身の性欲もなくなり、濡れなくなって夫婦生活が苦痛で困っているとのことです。


産婦人科で処方された更年期障害の漢方薬である加味逍遥散を二か月飲んでいたら、3キロも太ってしまったのは薬のせいなのか。 症状は2ヵ月ですがホットフラッシュが治療したとは思えない程度で漢方薬では難しいのか。

ホットフラッシュの原因を突き止めることで治療に役立つ

ホットフラッシュに悪い影響を及ぼすのは、アルコール、煙草、カフェインです。 またストレスを貯めることも良くありません。 更年期障害でホットフラッシュになる原因は、自律神経の調整が上手に機能しないことで、頭部に血が流れたり末端に血が行かなかったりする仕組みです。 自律神経失調症のお薬とランキング上位の更年期サプリが似ているのは、症状の原因がどちらも自律神経の伝達にあるからです。 米国内分泌学会(ENDO)が発表した内容で、夜間にホットフラッシュになる頻度が多い女性ほど、うつ病になる傾向が強いと警告を出しています。 脳内の伝達物質のセロトニンなどが正常に働かないのが更年期障害によるホットフラッシュの原因になります。

ホットフラッシュを経験する女性は日本では全体の40%と言われています。 黒人>白人>東洋人 の順番でホットフラッシュになりやすく白人でも60%超が経験するようで、アメリカでは更年期サプリが日本よりも進んでいるので海外から購入しようとする人が多いのでしょう。 ホットフラッシュだけなら良いですが、睡眠中に発生することで不眠症になり疲れが取れなくなり二次障害を引き起こす原因にもなります。


 更年期障害サプリメントと市販薬の効果ランキング


このページの先頭へ