エストラーナテープの添付文書に「癌」の危険性が記載

エストラーナテープの添付文章には副作用で「乳癌・子宮がん」になる確率が上がりますという注意事項が書かれております。 更年期障害の薬としてエストロゲンを投与することは注射などのHRT療法でも同じで「癌や認知症」になる確率が高まってしまうのは避けられないことです。 日本の病院ではエストラーナテープを更年期の薬の効果として処方する際は同時に黄体ホルモン剤(デュファストンなど)が処方されます。 これは卵胞ホルモンだけだと子宮内膜癌になる確率が10倍になると添付文書にも書かれているように危険だからです。 また、更年期障害の薬としてエストラーナテープを病院で処方された場合は、通院時に半年に1回は乳癌や子宮がん検診を勧められる徹底ぶりになります。

エストラーナテープは更年期の薬で病院で処方されます

女性ホルモンを皮膚から吸収することで、胃や腸を経由しないので分解されずに全身に行き渡りやすいということで病院で処方される保険適用の更年期の薬が副作用がありますがエストラーナテープになります。 女性ホルモン補充のHRT療法ともよばれ注射をするよりは、パッチを貼っておくだけというお手軽さが魅力になります。 これを入手するには基本的には病院で血液検査をして問診をして更年期障害と診断を受けてから処方される薬なのですが、個人使用分までに限り海外の個人輸入代行からも購入することができます。 エストラーナテープの効果は更年期の特に「ホットフラッシュ」と「発汗」に作用すると添付書に記載されています。 金額は病院だと、14枚入り(1ヶ月分)で1680円くらいですが海外個人輸入だと5000円くらいになりますので、1回だけ試したい場合はネットで、継続するなら副作用等の心配もあるので病院が良いでしょう。

エストラーナテープの成分はエストラジオールという最も強い効果

女性ホルモンのエストロゲンは3種類あり、エストラジオール>エストロン>エストリオールの順番で強い作用を示します。 更年期の貼る薬のエストラーナテープは、この中で一番強いエストラジオールが主成分で、エストリオールの10倍です。 エストラジオールの数値は病院の血液検査をすることで分かり、生理周期の状態によっても大きく値が異なり13~160が正常値です。 閉経すると数値が10以下になるので、更年期として薬が必要かどうか症状だけでなく血液検査でも調べられるわけです。 エストラーナテープはを貼ることで下がった女性ホルモンの数値を皮膚から成分を取り込んで辛い症状を緩和させる仕組みです。 またエストラジオールは、酸化ストレスによる加齢を防ぐようで精神的に披露されている女性にも有効です。

エストラーナテープを写真と説明で解説します

製造元の久光製薬さんによるエストラーナテープの使い方と注意事項と副作用についての書面があります。 この更年期の薬は皮膚からエストロゲンを吸収することが目的になっております。

2日に1回貼り替えてくださいとあります。裏面の注意書きには入浴中も濡れてもそのまま貼ったままにしてくださいとのことです。 1度はがしてしまうと粘着性が落ちてしまうからです。 また、更年期の薬エストラーナテープを貼り替える際の注意として、効果が薄れるので毎回別の場所に貼ってくださいとのことです。 皮膚のかぶれを防ぐ為です。

体の部分で貼る場所については「下腹部」または「臀部」になります。 背中や胸部にはエストラーナテープは副作用のリスクで使用しないでくださいと注意書きがあるので守りましょう。 恐らく乳腺にエストロゲンが作用して乳癌の発症原因にならないようにするためと思われます。 背中が駄目なのは下腹部に貼った場合と比較して血液中の女性ホルモン濃度が急上昇する恐れがあるためと記載されています。

エストラーナテープ禁忌で使用できない人や注意事項

病院で処方される更年期障害の薬なので、病院で貰う際は医師が判断するので副作用は心配ないですが、個人で購入する際は下記の方は危険なので使用できませんので予め確認しておきましょう。

  • がん患者
  • 子宮内膜炎
  • 肝障害
  • 血栓症
  • 妊婦
  • アナフィラキシー
  • 高齢者
  • 小児

エストラーナテープを使用した際の副作用と腹痛

エストラーナテープの添付文章で副作用については下記のような症状が現れたら中止してくださいとあります。

  • 不正出血
  • 乳房痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 嘔吐
  • 腹痛や下痢
  • かぶれ等の皮膚炎

更年期障害の薬としてエストラーナテープを使用した方の副作用の多くの声で多いのが腹痛です。 貼り付けて数日で直ぐにエストラーナテープによる腹痛が起きたので効果が出る前に怖くなったという口コミが多いですが、基本的には大きな副作用などではなく女性ホルモンが作用しているためです。 副作用や危険性で心配すべきなのは、6ヵ月以上の長期に渡って使用する場合です。 前述したとおりエストロゲンを更年期の薬として体内に入れることで癌の発生要因になるのですが、危険な基準としては6ヵ月以上ということのようです。 貼ってすぐに体を壊す可能性は「血栓症」か「不正出血」になるので、エストラーナテープの腹痛は気にしなくて大丈夫のようです。


 更年期障害サプリメントと市販薬の効果ランキング


このページの先頭へ